ホルモン剤は老化防止に効く?

ホルモン剤で老化防止できるってホント?老化防止につながる抗酸化作用についてご紹介いたします。 - 老化の原因は活性酸素

老化の原因は活性酸素

人間は必ず体が老化していき、様々な機能障害を発生させます。これは生まれてから死ぬまでの間に、誰もが無意識に行っている行動が関わっています。それは呼吸をするという、生命を維持すために無意識で行う行為です。
呼吸をして体内に酸素を取り入れると、体内に入った酸素は活性酸素となります。この活性酸素は体内のいろいろな部分を、酸化させていきます。この酸化の作用で体を錆びつかせ、老化が進んででいきます。

運動のし過ぎは老化に直結する

激しい運動をし続けることは、老化を早めてしまう可能性を踏んでいます。運動をすると体内にある酸素が減っていき、足りなくなった酸素を少しでも体内に取り入れようと呼吸の回数が増えます。この呼吸で取り入れられた酸素の一部が、活性酸素に変化します。
激しい運動は活性酸素の原因になる酸素を大量に取り込むため、老化を早めてしまう原因になります。人間が生きて行くためには、酸素を取り入れ続けなければいけません。体内で活性酸素が発生すると、酸化を引き起こし老化の速度が速くなります。
また運動の他にも、ストレスやタバコなどが原因で活性酸素を発生させてします場合も多くあります。この活性酸素がもたらす酸化作用は女性ホルモンを摂取することで、抗酸化作用を利用して酸化するのを防いだり軽減したりすることができます。

激しい運動は避けよう

若さを保つためには、体内で発生する活性酸素の量の少なくする必要があります。日常生活の中では、必ず活性酸素は発生しています。呼吸をするたびに活性酸素は体内で発生するので、激しいの運動をして呼吸の回数が増えれば増えるほど老化の原因になる活性酸素が著しく増えていきます。
しかし、全く運動をしないことは、老化を促進させてします場合もあります。適度な運動をして体力をつけ、バランスの良い食事で体内の機能を正常化することも大切です。
体内の酸化を防ぐことができるのは、女性ホルモンを摂取するしかありません。体内で自然に生成される女性ホルモンと違いホルモン剤などで女性ホルモンを摂取するときは、摂取量をきちんと管理していくことが重要になってきます。

関連する記事