ホルモン剤は老化防止に効く?

ホルモン剤で老化防止できるってホント?老化防止につながる抗酸化作用についてご紹介いたします。 - 抗酸化作用を利用しよう!

抗酸化作用を利用しよう!

ホルモン剤などを使って女性ホルモンを体内に取り込むことで、体内で発生する酸化を防止する抗酸化作用を利用して老化を防止する方法が流行っています。しかしホルモン剤などを投与することに抵抗がある人もいます。
ホルモン剤以外にも抗酸化作用を活性化する方法があります。その方法とは食べ物で抗酸化作用を活発化させ、体内の酸化を防止する方法です。バランスよく食事をとることで、老化を防止することができます。

抗酸化作用のある食べ物

抗酸化作用が高い食べ物は、小さい頃から何気なく食べているものが多くあります。その中でも抗酸化作用が高いと言われているんが「バナナ・かぼちゃ・にんじん」で、とても簡単に手に入る食材と言えます。
この他にも「キャベツ・にんにく・ショウガ」なども抗酸化作用が強く、これらの食べ物をバランスよく摂取することで体内で発生する酸化現象を抑えることができます。日本古来から伝わり食べられてきた食材は、今の時代から見ると健康を保つ上で必要なものがすべて詰まったスペシャルメニューだと言えます。

日本古来から伝わる蕎麦は長寿の源

老化を防止するということは、いつまでも若々しく元気に過ごせるということになります。この若さを保ち生活していく上で、蕎麦を毎日食べている人の寿命が長いことが注目を集めています。
蕎麦にも抗酸化作用があると言われる「ルチン」が含まれていて、このルチンの働きが抗酸化作用を生み出していると言われています。また蕎麦にはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、血圧を下げる効果もあります。この二つの作用が人間の寿命を延ばし若さも一緒に保つ働きをしていると考えられています。

まとめ

日本古来から伝わっている食べ物には、現代の美に必要とされているものが多く含まれています。老化の原因となる体内での酸化を防ぐ成分が豊富に含まれており、日本食のバランスの良さが見直されています。
ホルモン剤などで抗酸化作用効果を高める前に、食事を改善してみるのもいいかもしれません。何事もバランスを上手に撮ることがで何よりも大切になります。

関連する記事